2016.08 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2016.10

なんだかんだで住む?

  • 2013/09/03(火) 02:18:47

たまに更新したかと思えば、まじめな退屈な記事ばかりですねぇ〜<(_ _)>
そのうち「えぇげな記事」も書きますけぇ待ってください(笑)

なんだかんだというと失礼ですが、大分に住み始めて、もう4年です。
お陰様でというとこです。

大分で何しよるん?
と聞かれても、「さぁ〜」
と言うばかり(+o+)

過去を振り返ると、
いかに高校時代勉強を怠け、
更に進路の決め方もざっくりしたものだったか、そこに行きつきます。
その代わりに神楽にどっぷりつかっていました。
つかるしかなかったのかな?

時代を問わず嫌な事をすべて忘れ、没頭できるのが石見神楽でした。
舞はほどほどに、というのは良く耳にした名言(笑)

神楽にかかわる人は、その地方に対する興味や関心、愛着は誰よりも強いと思います。

私もその一人でした。石見は大好きでした。
きっかけは神楽でしょうが、それだけでなく風土や人柄も好きでした。

また秋には舞を見に石見に帰ろうと計画中。
○○の秋と聞かれたら
神楽の秋ですかね(ー_ー)!!

ではおやすみなさい<(_ _)>

正しいものを見る。

  • 2013/08/30(金) 17:47:10

えー、ずいぶんと神楽とご無沙汰な日々が続いています。
平気です(笑)ですが、今でもネットで動画を見るなど、完全に離れてはいません(>_<)


さて、私なんだかんだで、ホテルマン歴1、5年が経ちます。
接客業など自分の性格とはほぼ逆の事と知ってか、知らないでか飛び込んでいった世界。

高校時代は神楽にのめり込み、衣装や面製作に興味を持ち、
職人気質の方が自然に育まれていました(笑)

ゆえに人間関係や、良い接客に関しては試行錯誤の日々。
表情、声、見出しなみ、明確な説明などチェック項目はたくさんあります。

私みなたいな人間だと誠実に仕事をするだけで、それが自然に身に付くわけではありません。
自分もお客も互いに納得行く瞬間を提供できるようになるには、センスが必要なんですね。


そこで、正しいものを見る!!
これが大事と思いました。


旅先で泊まるホテルでの対応、ホテルの外来湯を使用したときなど、
他施設はどんな接客なのか見る機会は多々あります。

これは大事だな…と。


神楽もそうでした。初めて習う演目なんかは、自分が的外れな舞をしていると先輩のをしっかり見ておけと良く言われました。
記憶にあるのは、八衢の宇津女、大蛇の須佐でした。


せっかくもらったチャンスを無駄にしてはダメですよね。
次のステップに向けて、色々と考える(たま〜に)日は続きます。

人と人の縁

  • 2013/08/10(土) 01:08:41

大分県の別府・湯布院は日本でも有数の温泉どころですね。
おんせん県とも呼ばれる大分県。

温泉が結ぶ人のつながりは、日常的でないものがあります。

石見では見たことが無いですが、大分には共同浴場といって地域住民の方々が自宅のお風呂感覚で使う低料金の温泉があります。(勿論観光客も入浴できます。)
石見にもあるのかな?

私は利用した事は無いですが、地域密着的な感じがあり番頭の人は常連客(住民)の顔を良く覚えているようです。

温泉がもたらす、「人と人」ですね。


島根県は日本でも屈指の神楽どころですね。
これもまた不思議な人と人のつながりがあります。
舞う人、見る人、支える人、普段は会わないような多くの人がつながりあって成り立つものです。社会があるのです。

何をして地域がつながるか。
各地各様にいろんなものが媒介となっているようです。


温泉は良いと言われます。
ならば、
神楽も同じ良い…と思います。

とふと思い。強引に共通点を見出してみました。
地域の宝と言われるものは、本当に良い形で後世に残されて欲しいものと願っています。


がんばれ石見!!

別府大分毎日マラソン

  • 2013/02/02(土) 21:49:07

やはり節目とは感慨深く、意を一新する契機になりますよね。


明日世間一般は「鬼は外〜!!」の節分。
更に大分では通称別大マラソンが開催されます。

石見では神楽三昧のことと…。


とにもかくにも、短大卒業から1年経過を匂わせる、別大マラソン。


1年前の今就活の時期でしたが、内定ももらえず、それを完全に放棄しておりました。
石見に戻ろうと努力するも、甲斐なし。
戻るべきか、大分に残るかは今でも悩みの種であります。
本気で悩めた時期でもありました。

何気にマラソンの応援にも行きました(笑)


それをボンヤリ思い出し、あれから1年経過したことを思い知らされます。




昨年よりは、実りある年にしよう。
昨年できなかった事をしよう。
昨年良かった事はなんだろう。
昨年ダメだった事はなんだろう。


1年の経過で振り返る事は多々あります。

昨年は社会人としてスタートした年でした。

原点に帰るを念頭に、とにかく無心に努力をしたと自負しています。

色で例えるなら「白」


1年たった後、何色に染まっているのか想像はできません。

色味のある年にしていきたいですね。


追い風を感じる場所で、やりたい事やれたら幸せですね♪

体調不良にて候

  • 2012/12/22(土) 00:37:46

と言うのは昨日くらいまで。
実は嘔吐下痢症にやられました。
(成人では名称が違う??)


16日午前2時頃、気分の悪さで目が覚める。
何でだ??と思いつつもこれぞ病の初めなり。

激しい嘔吐におそわれました。

何時間か置きに、その症状がきまして。
明け方には嘔吐症状は治まったので、せやないで出勤したものの…。

上司の方にストップをかけられまして、
急遽、休日当番医を訪ね、診察してもらいました。


家の近くの病院がお休みだったので、
一駅電車にゆられて、死にそうになりながら病院へ。

朝から熱っぽいと思っていたものの、
何と8度2分もあった!!

診察→点滴→薬貰う。


よくよく考えると、
診察の受付から支払まで通して一人でやったの初めて(笑)

特に実感と感動も無し。

しかし、点滴は1時間もかかるのは辛かった!
ただ無心に1時間は過ごせない。

塵輪2回分の時間と捉えても、やりきれなかった。

何とか眠りに付けて一安心でした。


無事一人で家に帰って安静にしましたとさ♪

〜完〜