2017.11 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2018.01

暇と言うけれど

  • 2012/07/24(火) 03:19:58

適当に生きるのは嫌だけど、
何もしないのもこれまたつまらないと思う。


最近の私は仕事には頑張って毎日行くけれど、
根幹をなす、これをやりたいという一番大事な事を見失っていたなと思う。


おとといの夜、一カ月振りくらいに飲みに出まして、
大分で飲んだら恒例?のケーナのストリート演奏を聞きました。


といっても、酔った勢いで絡んでしまっているようなもんですが…。


私も篠笛を吹いたりするもんで、
そこで、ケーナを吹かせてもらいます。(曲は吹けません、鳴らす程度)


でもやっぱり音が鳴ると嬉しいもんで、
「僕もケーナの練習して、曲吹けるようになります!!」
と演奏者の人と話します。


演奏するなら歌を歌わないとね!

と諭されます。


ケーナが上手に吹けるまで努力や、時間はかかるだろうけど、
その前段に歌の練習から入る事を考えれば、何となくやりやすい気がしてきて、
やる気も出る。


やることが無くても、ぼんやりとやりたい事や夢があれば、
気を抜いているようなときに、ふっと道が開くこともあるんだと感じました。

別の話ですが、
アルカイック工房で、
神楽笛ばかりを吹いている私に、
「唄物の笛も練習すれば、神楽笛も上達するよ!」
と工房主に言ってもらいました。


何が言いたいかと言うと、
どんな小さな夢でも、それを忘れなければ、
夢に立ち向かう方法は自然と自分のところに舞い込んできて、
再び夢に向かって出発できることもあるという事。


私は待つ事が苦手だし、
かといって、思い立ったら即行動派でもない。


気が向いたらやる、マイペース派。



もっとどっしりと腰を据えて、何年か先を見通しながら生きる力が欲しい。
まだ20歳だから、そんなのざっくりで良いとは思う。


三十にして立つ
四十にして惑わず


三十になるまでの十年間で、
自分の中で「こうしたいから、こんな風に行動する」
そういう感覚を持ち続ける事を忘れずに生きたい。
そう思いました。


行ってきました。

  • 2012/05/30(水) 19:46:32

仕事が休みだったので、竹を切りにいってきました。


今回は、合羽、長靴で挑みました。


前回と同じポイントを探る。



竹藪です。




かきわけて進んでいきます。

藪蚊がいたりします。

蜘蛛の巣があったりします。


大体30〜40センチの節の竹を探します。


竹藪の外周付近には細く短い竹ばかりですが、
奥の方の密集地帯に行くと、長くしっかりした竹がたくさんあります。

途中にタケノコもあったりしました。


竹の生え方には、1本ごとにばらばらと生えているのと、
一か所に集中して数本生えている場合とがありました。


一カ所集中の方が笛むきのしっかりした竹があったように思います。


そして、お目当ての節の長い竹を探すのですが、
思ったほど長いものが見つかりませんでした!!


でも、30センチ越えの竹を数本切りました。


「今日はこのぐらいにしとこう」


という事で、帰宅することに…


!!


!!!


出口が分からない!!


10分くらい迷いました。


困ったあげく、



先人がかつて踏みならしてくれていたであろう、別の道から脱出。





自転車があるところが入口だったのですが、結構離れたところから出てきてしまいました。



今度竹藪に入るなら、出口に目印でもつけておこうと思いました。


次回はもっと、上流の方に行って竹藪がないか探索してみようと思います。


明日からまた、仕事頑張ります♪


鹿児島

  • 2012/05/29(火) 23:17:42

昨日仕事で「鹿児島」と書くとき
「塵…」
「塵…」
「鹿児島」


と2回も塵輪を書きかけてしまいました



今日も21時に仕事あがり、家に帰ってすぐ竹のチェック。

今日はあんまり色の変化はありませんでした。



でも、なんとなく色が薄くなってきてますよね。


早く笛材として活躍できる日を待っております。



さて、明日は休み♪

本格的?に竹の伐採をしに、大分川の竹藪にもぐりこんできます。


お金があれば、他の事して遊びたいのですが、
まだまだ当分節約生活の日々なので、
笛作りというマニアックな遊びに暴走しています。

それに面白いし(笑)

工具があれば、コストもそんなにかかりませんしね!


しっかりリフレッシュします♪

寝違えた

  • 2012/05/28(月) 22:04:51

寝違えてしまいまして、今日は一日つらかったです。
まだ右首筋が痛うございます。
情けない。
とはいっても仕方ないんですけどねぇ〜



本日は遅番だったので、21時あがりでした。
帰ってすぐに竹のチェック♪




一目瞭然、竹の青みが抜けました。
まだ部分的に初期の青みが抜けてなかったり、
全体的に薄く青みがかっています。

もっともっと乾燥させて、
黄色っぽくなるまで待ちます。


んで数か月後に、油抜きをするんです。

お湯で煮る方法
火であぶる方法があります。


穴開けまでにいくつもの工程と年月がかかるのです。

笛用の竹も販売されていますが、
竹材選びを自分でやることによって、より愛着が増しますね♪
凝り性なんで仕方ないんです(笑)



笛とは関係ないですが、これ…



アパートの1階を2階から撮った写真です。
私が入居する以前は木が植えられていたらしく、
今も切り株が残されています。

今はうっそうとシダ?が生い茂っています。


何か蛇が出てきそうで怖い…。


明日も頑張ります♪


竹材選び

  • 2012/05/28(月) 00:40:42

今日も朝から仕事でした。
眠気十分…さわやかに接客しましたよ♪(笑)


さておととい採取した竹を日が照る間べランダで乾燥させています。
日当たりが良いのが自慢なんです。


夜露から逃れるため、夜間は部屋の中で管理。
まだ竹の色に変化はありません。




1週間、2週間天日干しにすることで竹の青みが抜け、篠笛のような黄色っぽい色にかわっていくのです。




さて、私の住む大分県。
竹工芸で有名な生野祥雲斎(人間国宝)を輩出した県なのです。
それだけでなく、良質な竹材に富み、真竹の生産量は日本NO1。
歴史的にも、古くから竹工芸が盛んなのです。

現に、大分市のお隣別府市には、竹工芸訓練支援センターというのもあります。


そんなこんなで、ある意味恵まれた環境なのです。



がっ!!!



私には竹の種類を正確に見分ける知識が無いのです。
なんとなく、

「これが篠竹っぽいな〜」
「笛ができそうな節の長さ、曲りがないかなぁ〜」


と、自分の勘を頼って竹を選出しました♪


女竹…なのかな??

研究不足です。



早く青みが抜けないかなぁ?
と毎日楽しみです!(^^)!


今度の休みは本格的に竹を採取しに行く予定。
といっても季節が季節なので、使えない竹材が多すぎてもダメですね。

あと10本ぐらい、竹選びの練習がてらやってみたいと思います。



そういえば、この前竹の採取をしてた時蛍がいたような…。


暇があったら蛍の乱舞でも見に行こうかな(笑)