2011.08 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2011.10

学校が始まりました

  • 2011/09/29(木) 03:15:45

月曜日が後期の授業開始日でした。

時間割を立ててみると、なんと火、水は授業無し…

卒業研究のある月曜日を除くと、授業が無い人もいるみたい。

しかし、この卒業研究が厄介!!

年内にはまとめて、年明けに提出するというもの。

10ページ版と、3ページ程度の要約版を提出。

まだ大分の神楽について研究するという、漠然としたテーマしか決まっていないのです。

12月というと、先日延期になった「舞乃座」の夜明け舞があります。

周知のことかと思いますが、

大田市からは、温泉津舞子連中
江津市からは、大都神楽団、谷住郷社中
浜田市からは、西村社中、亀山社中
益田市からは、久城社中

同じ石見神楽ながら、流派様々計6団体の夜明け舞。

これは一見の価値があるでしょ〜

必ず帰省しなければ…

さて話はもどり、「大分の神楽」について。

何をしようか迷い中…





手元に、島根県古代文化センター調査研究報告書
「井野神楽」があります。

「舞い方」、「お囃子」、「演目の概要」、「周辺神楽との比較」が、

井野を含め、近隣の石見神楽を調査観察して、まとまっています。

「第5章、周辺神楽との比較」の末文には、神楽舞の芸能の比較は極めて難しい作業で、結局は泥沼化してしまうとありました。


確かに大変に困難であるなぁ…と思います。

私は大分の神楽は、頭の中では、

県北の豊前系神楽、
県南の豊後系神楽

という風に整理しています。

宮崎県との県境に位置する、大分県佐伯市には、高千穂系の影響もある神楽も…。
大分県にはたくさんの系統の舞があるのですが、
知識の少ない僕が、頭の中で神楽事情について整理する時は、こんな風に大別して考えています。

神楽の伝播は軽々しく論ずべからず…ですからね(『神楽折々』より)


そんな事をわきまえた上で、
恐れ多くも、自分の浅はかな知識をもとに仮定を立てると、


「豊前系」と「豊後系」と、その「合流地点の舞」


「豊後系」と「高千穂系」と、その「合流地点の舞」

に分かれていたりしないかな、という意見を持っています。

完全なる我流の論です。意見として述べた事をご了承願います<(_ _)>


島根からの新参者が自分勝手に考えているだけですので、絶対に参考にされないように(笑)、



幸いにも、大分の図書館を巡ってみると、

○大分県の民俗芸能〜神楽編〜一、二、三
○緒方神楽
○大分の神楽

などの書籍が!


(ルーズリーフにまとめてみました)



とくに「大分の神楽」は
大野系岩戸神楽の歴史について、詳しく書かれています。

御嶽流、深山流、浅草流とは、有名な「大野系岩戸神楽」の三派です。


なぜ三派に分かれているかなど書かれています。

んーとても、貴重な本だ。


さぁーあと2か月でどこまで、掘り下げられるのか!!

後には引けない…。

頑張ります\(゜ロ\)(/ロ゜)/

秋祭り

  • 2011/09/26(月) 01:52:05

秋の訪れでしょうか…。

台風が過ぎ去った後も、涼しい日々が続いていますね。

昨日行ってきました。秋祭りに。

浜田市元浜町大歳神社の秋祭りに。

奉納神楽は、佐野神楽社中で、夕刻6時半〜12時までの半夜舞。

最近は6時過ぎるともう日が暮れ初めていますね。


そんな夕暮れ時、大歳神社へ。

最近は祭りの回数も減り、祭りの規模も縮小ぎみの大歳神社。

しかし、年1回の神楽奉納は行われているのです。

町内を張り巡らすしめ縄はないものの、神社の階段の登り口には、立派な「奉寄進」ののぼり旗。

階段をのぼり、歴史ある大歳神社にまずは参拝。

御洗米とお神酒をいただいて、神楽殿の前へ。

大歳神社は元浜町の高台にあり、舞殿向かって左側には海が見え、景色が良い所なのです。

奉納演目は、
神迎え
天神
三上山
恵比須
塵輪
道返し
鐘馗
有明
大蛇

の9番。

さすが神楽の町浜田!!

笛、太鼓聞こえれば人が集う町。

秋風と海風の交わる寒空にも関わらず、大勢の参拝者で包まれます。

漁業繁栄時代はもっとにぎわったものと思います。

大歳神社も、以前は朝まで舞があったらしい。

漁師町ともあってか、本殿の中から聞こえてくる氏子の方々の会話の迫力がすごいこと…!

まるで口論でもしてるのかとも思えてしまいました!スミマセン\(゜ロ\)(/ロ゜)/

斎灯なし、出店なしの、ちょっと寂しい光景でしたが、

やはり、神楽は盛り上がるものですね!!

佐賀県、鍋島藩の化け猫騒動を神楽化した佐野社中オリジナルの「有明」お目当ての方も結構いたみたいで、有明が終わったらぞろぞろ、帰る方がいました。

最後の「大蛇」まで見るのはよほどの神楽好き!という時代のようですね。


神楽終了後、採り物(御幣や弓矢などの手道具)をもらい、一舞舞って、嬉しそうに家路につく子どもの姿をみると、

浜田から神楽囃子が消えることは無いなと確信しました。

しいて言うなら、やっぱり「大蛇」まで見て帰りましょう!!(笑)

奉納神楽最後まで見た〜!!という感覚はえぇもんですよ〜(笑)


とまぁ、浜田に現存する「神楽熱」を再認識して帰宅しました。


そして、夜が明けて、浜田駅から普通列車で出発。

月曜から学校が始まるんですよ〜

道すがら、しめ縄やのぼり旗を窓に臨みながら、9時間かけて豊後大分へ。


9時間何していたかと言うと…




竹内幸夫氏の私の神楽談義?「神楽折々」を熟読。

私論と言いながらも、素晴らしき神楽のお話。

竹内さんの本は読みやすくて好きなんですよねぇ〜

石見人目線で書かれていて、なんかわくわくするんですよねぇ〜

そして自然と神楽に対する熱意がわいてくる!!


魔法の書物です!(^^)!

願書祭り

  • 2011/09/13(火) 21:28:45

さて、わが大学では就職内定者が続出するなか、
俺はまだまだ…。

やれまぁてー

昨日から一人で開催しているお祭り
「願書祭り」

もう祭りにしちゃえーと思ったのです。


それだけ、重要かつ内容の多い願書を書くのです。

願書&小論文がセットで1次選考の対象となるのです。


今日ゼミの先生に相談しにいきました。

なんとなく、ぼんやりと、願書を通して向こうに何を伝えるべきかが分かりました。


これから地獄の「添削」が始まるわけです。


また「石見神楽と私」をベースに、志望動機やら書き連ねていきたいです。



さて、
アルカイック工房さんに「夏休みに笛作り教えてくださいね♪」
とお願いしていたのに、笛作る暇もありゃせんがな!!



ということで、前回工房に行った時に、作らせてもらった笛の画像





それから、今年も開催!!
道の駅波野「神楽苑」での神楽フェスティバルのチラシ!!



第20回神楽フェスティバル
平成23年10月1日(土)、2日(日)午前9時〜午後5時
場所:熊本県阿蘇市波野(なみの)道の駅波野「神楽苑」
入場料:高校生以上500円
少雨決行
天候により一部プログラム等変更する場合あり
※会場は屋外です。
出演予定団体
1日(土)
・中江岩戸神楽保存会(熊本県阿蘇市)
・横堀岩戸神楽保存会(熊本県阿蘇市)
・波野子ども神楽(阿蘇市・波野小学校)
・波野こども神楽(阿蘇市・波野中学校)
・小笹神楽社中(島根県浜田市)
・御嶽神楽(大分県豊後大野市)
・城原神楽保存会(大分県竹田市)

2日(日)
・中江岩戸神楽保存会(熊本県阿蘇市)
・横堀岩戸神楽保存会(熊本県阿蘇市)
・波野子ども神楽(阿蘇市・波野小学校)
・小笹神楽社中(島根県浜田市)
・庄内雲取神楽社(大分県由布市)
・宇目神楽保存会(大分県佐伯市)
・長濱神楽保存会(大分県大分市)
・岡倉こども神楽(大分県大分市)


それからアルカイック工房さんはHPもあるのです!!
http://archaic.art.coocan.jp/index.php

暑い

  • 2011/09/13(火) 00:08:13

さて、日記の内容が飛び飛びで申し訳ないですが、
ブログ更新を第一に考え、気まぐれにもなんかつぶやいてみようと思います。

まだ終わってませんが、
今年の夏休みは「自動車学校」で埋め尽くされた感があります。

地元浜田市の自動車教習所で8月の初め頃入学し、ようやく先週卒業。

そんななか、島根、大分間を行ったりきたり。

(ちなみに今は、一時的に大分なうです)

なんとなくせわしさを感じる日々で…


しかしいつも気がかりなのが

「なんか最近、神楽熱が平熱以下のような気が…」


持前の神楽への情熱は、この方高温域をキープしていたのですが、

ここ最近妙におとなしいのです。

これは何かが起きる前兆ではないのであろうか(笑)

とか言うてみたり。


今回の夏は自動車学校もあり、1ヵ月を超えて、故郷に滞在していたわけですが、

神楽を見に行ったのは2回…

うち1回は偶然やってただけ。


んーむ!!!!!!!!!!!


いかん!!!!!!!!!!!


自転車乗り回して、夜明けまで神楽を見ていたあの情熱は一体どこへ行ってしもうたんか!!!!


夏の終わりと一緒に、秋風が神楽熱を運んでくるものと、期待しています。


秋風は特効薬でございます。

えいさ〜〜〜


ほいさ〜〜〜


ふぁ〜ん

以上!!