2012.06 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2012.08

暇と言うけれど

  • 2012/07/24(火) 03:19:58

適当に生きるのは嫌だけど、
何もしないのもこれまたつまらないと思う。


最近の私は仕事には頑張って毎日行くけれど、
根幹をなす、これをやりたいという一番大事な事を見失っていたなと思う。


おとといの夜、一カ月振りくらいに飲みに出まして、
大分で飲んだら恒例?のケーナのストリート演奏を聞きました。


といっても、酔った勢いで絡んでしまっているようなもんですが…。


私も篠笛を吹いたりするもんで、
そこで、ケーナを吹かせてもらいます。(曲は吹けません、鳴らす程度)


でもやっぱり音が鳴ると嬉しいもんで、
「僕もケーナの練習して、曲吹けるようになります!!」
と演奏者の人と話します。


演奏するなら歌を歌わないとね!

と諭されます。


ケーナが上手に吹けるまで努力や、時間はかかるだろうけど、
その前段に歌の練習から入る事を考えれば、何となくやりやすい気がしてきて、
やる気も出る。


やることが無くても、ぼんやりとやりたい事や夢があれば、
気を抜いているようなときに、ふっと道が開くこともあるんだと感じました。

別の話ですが、
アルカイック工房で、
神楽笛ばかりを吹いている私に、
「唄物の笛も練習すれば、神楽笛も上達するよ!」
と工房主に言ってもらいました。


何が言いたいかと言うと、
どんな小さな夢でも、それを忘れなければ、
夢に立ち向かう方法は自然と自分のところに舞い込んできて、
再び夢に向かって出発できることもあるという事。


私は待つ事が苦手だし、
かといって、思い立ったら即行動派でもない。


気が向いたらやる、マイペース派。



もっとどっしりと腰を据えて、何年か先を見通しながら生きる力が欲しい。
まだ20歳だから、そんなのざっくりで良いとは思う。


三十にして立つ
四十にして惑わず


三十になるまでの十年間で、
自分の中で「こうしたいから、こんな風に行動する」
そういう感覚を持ち続ける事を忘れずに生きたい。
そう思いました。


暑いと言ってはいけない

  • 2012/07/17(火) 22:42:41

会社コントでそんなのあったなぁと思いながら出社しました(笑)



今日健康診断の結果が返ってきました!
異常なしでしたよ♪


平均体重より、5キロ少ないので、
もうちっと食おうと思いました。



それにしても暑い毎日。


扇風機で乗り切る予定です。
節電の夏ですから!!

夜中に熱中症で運び込まれない程度に…

そして大分は夏祭りシーズン突入しております。


近所のお宮のお祭りは毎年羽田神楽さんが来られるようで、
見に行きたかったのですが、夜勤の為行けず残念!


観客も巻き込んでの楽しい神楽、
後個人的に奏楽、特に笛が僕好みなんです。


来年は見に行くぞ!!


町で、西新町天満社、春日神社の昇りは見かけました♪


他にもあちこちで舞があることでしょう。


お囃子の音が聞こえると、何かが反応し、テンションあがってしまいます。

2年や3年では神楽病は完治しないんだと再認識しました(笑)


仕事頑張ります!!

天災…

  • 2012/07/14(土) 02:02:30

先日の大雨により熊本と大分の県境付近の町はは大きな被害を受けています。
活発な梅雨前線の長時間停滞が今回の大雨をもたらした模様です。


大分県竹田市や日田市、阿蘇市は河川の氾濫、土砂崩れ等の被害が尋常でなく、
連日その実態が報道されている所であります。


幸い私の住む大分市街地は現在大きな被害は見られません。


しかし、山手に行くと、
やはり土砂崩れ等々被害出ておる所でして、

決して「他人事」では無いなと、
ニュースを見るたび鳥肌が立ちます。


神楽笛でお世話になっている、
アルカイック工房さんのある熊本県高森町も連日雨が強いとのこと。



高森町の一つ山を越えた所にある乙姫はその被害の大きさはニュースで知るところです。


死者をも出している今回の大雨。
東日本大震災と重ねてみる人も少なくないでしょう。


年と共に、災害というものがより身近に感じられ、
その危険性を考えさせられます。


今後被害が拡大しない事を祈り、
時間がかかってでも復旧がなされるべきだと感じています。

いつ自分の身にふりかかるか分からない天災は、
恐怖以外何ものでもないと思います。


自然の驚異は、ゴキブリと同じく
時代が進んでも恐ろしいものです。

夏風邪

  • 2012/07/03(火) 03:48:05

会社内を次から次へ伝染する夏風邪

私の元へもやってきました。

おととい仕事終わってから今日まで寝てました。



家で寝るだけで暇なので、
たまに何時間かおきに訪れる目覚めの時間には舞のDVDを見たりしよりました。


「武の内」「塵輪」
という2演目についてふと思ったのですが、
対外関係や、登場者に類似点がありますよね。


インターネットを通してちょっとお勉強。

仲哀天皇、神功皇后の間に生まれたのが応神天皇(誉田別命)
なんですが、

「塵輪」は仲哀天皇

「武の内」は神功皇后


多々気になる点があったので、えぇーい
「仲哀天皇」でググっちゃえ

ぐぐると、

実在性の低い天皇、託宣を無視し神の怒りに触れて崩御などなどの検索結果が。

死因も不明というか諸説あるようで、
石見神楽流に読み解けば、

塵輪を退治した後に流れ矢にあたって崩御されたという感じ。


石見神楽圏内では、仲哀天皇と言えば塵輪退治の神様ですっかりとおっているわけですが、

この塵輪伝説の分布している地域は限定されているようですね。
(詳しい分布地域までは不明ですが、少なくとも山口から石見にかけては浸透してるのかな??)


ちなみに仲哀天皇の父は日本武尊。
誉田別尊は石見神楽の演目「帯舞」とも関係があるようで。
八幡とも関係がありますし。

こうしてみると、
石見神楽に登場する神々やストーリなどはタイプ別に分類できるのかなと。
石見神楽の演目が持つ特徴や豊富さを解明できれば面白いかな。


趣は尽きない。


え、もうそんなもん解明してるって??
私も追いつきますから待っててください