2012.06 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2012.08

夏風邪

  • 2012/07/03(火) 03:48:05

会社内を次から次へ伝染する夏風邪

私の元へもやってきました。

おととい仕事終わってから今日まで寝てました。



家で寝るだけで暇なので、
たまに何時間かおきに訪れる目覚めの時間には舞のDVDを見たりしよりました。


「武の内」「塵輪」
という2演目についてふと思ったのですが、
対外関係や、登場者に類似点がありますよね。


インターネットを通してちょっとお勉強。

仲哀天皇、神功皇后の間に生まれたのが応神天皇(誉田別命)
なんですが、

「塵輪」は仲哀天皇

「武の内」は神功皇后


多々気になる点があったので、えぇーい
「仲哀天皇」でググっちゃえ

ぐぐると、

実在性の低い天皇、託宣を無視し神の怒りに触れて崩御などなどの検索結果が。

死因も不明というか諸説あるようで、
石見神楽流に読み解けば、

塵輪を退治した後に流れ矢にあたって崩御されたという感じ。


石見神楽圏内では、仲哀天皇と言えば塵輪退治の神様ですっかりとおっているわけですが、

この塵輪伝説の分布している地域は限定されているようですね。
(詳しい分布地域までは不明ですが、少なくとも山口から石見にかけては浸透してるのかな??)


ちなみに仲哀天皇の父は日本武尊。
誉田別尊は石見神楽の演目「帯舞」とも関係があるようで。
八幡とも関係がありますし。

こうしてみると、
石見神楽に登場する神々やストーリなどはタイプ別に分類できるのかなと。
石見神楽の演目が持つ特徴や豊富さを解明できれば面白いかな。


趣は尽きない。


え、もうそんなもん解明してるって??
私も追いつきますから待っててください